板橋区のリフォーム専門店クラフトホームはお客様満足度一番店を目指します。

TEL0120-116-088
営業時間:9:00~18:00 日祝休

夏の住まいのお困り事。原因を知って対策を!

令和初のこの夏の暑さは平年並みになる可能性が高いという予想が発表されています。
エルニーニョ現象の影響で冷夏になるとも言われていますが、どうなるのでしょう?
今回は夏の住まいのお困り事、その対策をご紹介します。

こんな事でお困りではありませんか?

夏の住まいについて寄せられるお困り事をまとめてみました。くまフト通信7月号
①冷房が効きづらい、連続運転で光熱費が心配
②日射しで部屋が暑い、床や家具の日焼けが気になる
③風通しが悪くて蒸し暑い
…やはり何と言っても暑さ、日射しでお困りのケースが多いですね。では、家の中が暑くなるのはどうしてなのでしょう?。

家が暑くなる3つの原因

原因①:窓・ドアなどの開口部から外気の熱が流入する
全体の約70%の熱が窓やドアから室内に入ってくると言われています。特に窓から入り込む日 光、地面からの照り返しが室温を上昇させます。
原因②:風通しが悪いと室内がムシムシする
秒速1mの風が吹き抜ければ体感温度は1℃下がると言われています。空気の循環がないと熱
気がこもり蒸し暑くなってしまいます。
原因③:断熱性・遮熱性が低いと冷房効率も低くなる
くまフト通信7月号熱の流入割合

暑さ対策で快適に!

窓から入り込む日射しを遮ることで室温の上昇を防ぎましょう。窓に貼り付ける遮光シート、遮光カーテン、ブラインドの設置などが対策の一つ。
より効果的なのは窓の外側で日射しを遮るすだれやシェードを設置することです。ロールアップ式の「スタイルシェード」くまフト通信7月号スタイルシェード太陽の熱を83%カットし室温を最大3.5℃下げるというデータが出ています。紫外線を防ぐ効果もあるので床や家具の日焼けを予防できます。

また、蒸し暑さを和らげるためには窓を開けて風通しを良くしてこもった熱を逃がしましょう。窓が2カ所ある場合は比較的涼しい日陰側の窓を日向側の窓より小さく開けることで涼しい風を取り込みやすくなります。1カ所しかない場合はサーキュレーターなどで室内の熱を外に逃がしましょう。機械を使わずに風が室内に自然に流れるように工夫することを「創風」といいます。あたたかい空気は上に向かって移動するくまフト通信7月号風通しため、低い位置を入口にし出口を高い位置に設置すると、風が吹かない日でも温度差によって自然に風が通るようになります。風には入口と出口が必要です。窓が2カ所以上あり対面した位置になっているのが風がよく通る理想的な配置と言えるでしょう。

窓の断熱性が低いといくら冷房をつけても窓から入り込む熱のせいで冷房効率は上がりません。複層ガラス、高断熱複層Low-Eガラスなど断熱性の高いガラスに交換することで窓の断熱性を高めましょう。また、内窓や取替窓の設置も断熱性向上に効果的です。
室温と体感温度は違います。体感温度とは実際に体が感じる温度を指します。例えば室温が26℃で夏の日差しで暑くなった壁面や屋根などの表面温度が32℃の場合、実際に感じる体感温度は29℃になります。断熱性を高めることで体感温度は違ってきます。

本格的な夏に向けて見直しましょう

クラフトホームではお住まいの暑さ対策に効果的な窓リフォーム、シェード設置、断熱性の高い屋根・外壁塗装、エアコン増設などを承っております。
暑い夏を快適に過ごすだけでなく省エネ性も考慮したリフォームをご提案いたします。

クマふと通信前号をみる

リフォーム施工例

株式会社クラフトホーム

クラフトホームショールーム
東京都板橋区高島平7-26-1
フリーダイヤル
0120-116-088
TEL.03-5888-5380
FAX.03-5888-5377

お問い合わせ

クラフトホームのスタッフ紹介

Facebook & Instagram

クラフトホームのフェイスブック・インスタグラムOPENしました。
フェイスブック インスタグラム最新の施工例などを随時ご紹介して参ります。

リフォーム対象エリア

東京都全域
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、 品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区
東京都下

神奈川県全域・埼玉県全域
千葉県全域

↑ PAGE TOP