板橋区のリフォーム専門店クラフトホームはお客様満足度一番店を目指します。

TEL0120-116-088
営業時間:9:00~18:00 日祝休

防災の備えをすることで減災に。防災対策をチェックしましょう。

  9月1日は防災の日。地震に限らず豪雨や台風などの災害に対して普段から備えておくことで被害を減らすことが出来ます。この夏は特に豪雨や台風が猛威を振るいました。
今回は減災のための住まいの防災チェックをご紹介します。

地震に備えた家の中のチェックポイント

□テレビや冷蔵庫などの大型家電製品、タンス・本棚・食器棚などクマふと通信背の高い家具を固定していますか?
□家具が転倒してしまった時に出入り口が塞がれてしまうようなレイアウトになっていませんか?
□食器棚などのガラスに飛散防止フィルムを貼っていますか?
□建て付けが悪く開け閉めが困難なドアや窓はありませんか?
□廊下や玄関などに物を置きっぱなしにしていませんか?
□コンセントをたこ足配線で使っていませんか?またコンセントに埃はたまっていませんか?


 室内の家具や大型の家電製品は転倒しないように固定しましょう。また、万一それらが倒れた際にドアを塞いだり窓ガラスを直撃しないように配置するのが減災のポイントです。家具の転倒クマふと通信とそれに伴い割れたガラスや食器類での怪我が震災時の室内事故の上位と言われます。食器棚やサイドボードなどのガラスは窓ガラスよりも割れやすいため、棚板に滑り止めシートを敷いて食器を滑りにくくしガラスに飛散防止フィルムを貼っておきましょう。
寝室や小さなお子様・お年寄りの部屋には背の高い家具を置かないようにしましょう。

地震に備えた家の周りのチェックポイント

□屋根瓦のズレや破損など、気になっている箇所はありませんか?
□ブロック塀に基礎や鉄筋は入っていますか?また、傾いたりひび割れなどは入っていませんか?
□ベランダは整頓されていますか?


 ブロック塀の転倒は大阪北部地震でも被害をもたらしました。ブロック塀に限らず大谷石なども老朽化で破損・転倒の可能性がある塀は補修が必要です。またマンションなどの集合住宅ではベランダが避難経路になることもあります。植木鉢などが転倒して窓ガラスを割らないように配置し余計な物を置いておかずに常に整頓を心掛けましょう。

豪雨・台風に備えたチェックポイント

□窓の建て付けが悪い箇所はありませんか?また網戸や雨戸の緩みやガタつきはありませんか?
□ベランダや庭、玄関先、ガレージなどに飛ばされやすい物を置きっぱなしにしていませんか?
□屋根や外壁の破損、あるいは雨漏りの心配はありませんか?


 豪雨・台風の雨量、風速も想定を遥かに超えた規模のものが続々発生し多大な被害を残しています。まずは窓や雨戸の建て付けのチェックをしておきましょう。屋根や外壁など少しでも不安な箇所がある場合は、クラフトホームにご相談下さい。
思いがけない物が風で飛ばされ、自宅のみならず近隣に被害を及ぼすこともありますので、ベランダや庭などに置いてあるものは一時的に室内に入れ、動かせない物はロープ等で固定しておきましょう。

日頃の意識が減災につながります

 地震の場合はまず大型家電や家具の転倒防止をしてクマふと通信おくことが一番のポイントです。
窓やドアの建て付けを「少しぐらいなら」と放置しておくと災害時に避難が遅れるなど危険に繋がります。日頃から減災を意識してお住まい、庭やガレージを整頓しておくことが重要です。

屋根や外壁、塀などはやはりプロの目でチェックするのが一番です。気になる箇所がございましたら、クラフトホームにお気軽にご相談下さい。

クマふと通信前号をみる

リフォーム施工例

株式会社クラフトホーム

クラフトホームショールーム東京都板橋区高島平7-26-1
フリーダイヤル
0120-116-088
TEL.03-5888-5380
FAX.03-5888-5377

お問い合わせ

クラフトホームのスタッフ紹介

Facebook & Instagram

クラフトホームのフェイスブック・インスタグラムOPENしました。
フェイスブック インスタグラム最新の施工例などを随時ご紹介して参ります。

リフォーム対象エリア

東京都全域
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、 品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区
東京都下

神奈川県全域・埼玉県全域
千葉県全域

↑ PAGE TOP