板橋区のリフォーム専門店クラフトホームはお客様満足度一番店を目指します。

TEL0120-116-088
営業時間:9:00~18:00 日祝休

梅雨を快適に乗り切りましょう!エアコンの節電豆知識

湿気が多く蒸し暑い日が続いています。いよいよ関東地方も梅雨入りですね。これから夏にかけてますます活躍するの がエアコン。今回は梅雨を快適に過ごしながら上手に節電するコツについてご紹介します。

ポイント1:換気

くまフト通信エアコンは室内温度と設定温度の差が大きいほど消費電力が高くなります。その差を減らすために、閉め切った部屋に帰宅したらまずは窓を開けて換気をして空気の流れを作りましょう。

ポイント2:設定温度

くまフト通信設定温度は高めにしましょう。設定温度を1℃上げるだけで約10%の節電効果があると言われます。理想は28℃。高めですがサーキュレーターを併用し風を送り込むことで循環を良くしましょう。設定温度を1℃下げるより消費電力は低く済みます。

ポイント3:運転設定

運転設定は「自動(オート)」にしましょう。室温を下げるまでは強風運転し室温に合わせて風量が変わりますので非常に効率が良い運転です。

ポイント4:風向き

風向きは「上」か「水平」にしましょう。冷気は下に向かいますので上に向けて冷風を送ることで部屋全体の温度が下がります。

ポイント5:頻繁にON/OFFをしない

こまめなON/OFFは避けましょう。エアコンは最初に一気に冷やしてから微風で部屋全体の温度を維持します。電気代は機種や運転状況によってかわりますが、最初の1時間は高あがりになります。頻繁なON/OFFは電力を多く消費してしまいます。

ポイント6:古いエアコンは入れ替えを検討

古いエアコンは消費電力が高いため電気代がかさんでしまいます。これからの季節フル稼働させるなら思い切って入替えを検討された方が良いでしょう。最新のエアコンと現在お使いの古いエアコンの消費電力がどれくらい違うかを比較してみてはいかがでしょうか?
省エネ製品買い換えナビ『しんきゅうさん』を活用してみましょう。

窓から入る熱を減らしましょう

室内の温度は窓から入る日射しや熱に左右されます。くまフト通信特に夏は70%以上の熱が窓から入ると言われています。サンシェードや遮光・遮熱カーテンの使用もおすすめです。
遮熱ガラスや採風玄関ドアなどによる窓や玄関リフォームは工期も短く済みます。本格的な夏の到来前にクラフトホームにご用命下さい。

クマふと通信前号をみる

リフォーム施工例

株式会社クラフトホーム

クラフトホームショールーム東京都板橋区高島平7-26-1
フリーダイヤル
0120-116-088
TEL.03-5888-5380
FAX.03-5888-5377

お問い合わせ

クラフトホームのスタッフ紹介

Facebook & Instagram

クラフトホームのフェイスブック・インスタグラムOPENしました。
フェイスブック インスタグラム最新の施工例などを随時ご紹介して参ります。

リフォーム対象エリア

東京都全域
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、 品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区
東京都下

神奈川県全域・埼玉県全域
千葉県全域

↑ PAGE TOP